image

一番有名な代理店

image

近年では、個人が大手企業の業務をもらい、それを自宅または店舗用の建物でこなしていく代理店ビジネスの人気が高まっています。売上の仕組みは大手企業と契約を結び、何らかの成約が発生した際に決められた報酬を貰う形が一般的です。また、国内の代理店の種類は保険プランの契約、旅行、家電製品の販売、自転車整備、更に近年ではサイトに広告を掲載するアフィリエイトなど、実に様々です。特に近年ではアフィリエイトプログラムが一般化しており、ブログさえやっていれば学生でも手軽にブログ記事に広告掲載できるようになってきています。 さて、数ある業種の中でも一番有名なのは保険となるでしょう。なぜなら、保険会社は代理店を他業種よりも多く展開する特徴があり、消費者も保険の利用はそこを通じて行う人が多い傾向にあります。また、保険会社は多種多様な報酬形態を展開し、1件毎の成約報酬が比較的高めです。例えば、保険の申し込みが1件あった場合、数千円の報酬が入ります。保険会社の報酬は1件毎の手数料がそのまま入るのが一般的であり、当然成約が多いほど利益が上がります。 特に保険の場合利用率が高いため、成約が上がりやすくなることでしょう。また、利益に直接関係していく手数料は変更が可能な場合が多いので利益に応じて上げ下げが出来やすいです。しかも、経営する際の年齢は関係ないのが一般的なので、定年退職後の第2のビジネススタイルとしても最適なことでしょう。