image

儲かるの?

image

代理店とは、商品やサービスを提供する元会社の代わりに販売などの活動を行うものです。代表的なものは保険ですが、他にも健康食品などその取り扱い分野は多岐に渡ります。ところでこのような代理店という仕事は儲かるものなのか、気になるものです。その収入源となるのは、販売するごとに入る手数料となります。通常であれば商品を仕入れてから販売し、その差額が収入となるものです。代理店の場合には、仕入れのための費用が不要となる利点があります。そして販売数が多いほどに手数料が入るという形態となるわけです。 この流れにおいては、通常の販売店やサービス業者と変わることは無いわけです。けれども大きく異なるのは、その販売などの活動を自由に行うことができる点にあります。つまり、会社組織としなくても個人で請け負い、自分の都合の良い時間帯において活動することができるわけです。そのための経費があまり掛からないことから、利益率が非常に高くなります。 この点においては、通常の店舗を構えるスタイルと比べるとオフィス賃料も不要となり儲かるものと言えます。もちろん、結果を出さなければ利益は出ませんし、また契約を行う時点で販売数などのノルマ設定を行うケースもあります。それでも結果を出せばその分それだけ儲かる仕組みであることがわかります。それ故に、脱サラを考えるサラリーマンなどにも、設備投資も不要となり手軽に行える点でも人気が高いというわけです。