image

どんな仕事?

image

代理店とは有る会社の代理として仕事すると言う意味ですが、色んな形態が有ります。 最も一般的な事例としは一つの代理商社が数多くの会社の商品を委託販売するケースです。夫々の会社と個別に販売活動契約を結び、販売手数料も決めセールスを行います。この場合は代理商社が顧客に対して強いコネクションを長年持って居り、その販路に相乗りしたい会社が販売代行をお願いするのです。 次に有る会社の専任代理商社の場合はその会社の製品だけを取り扱う事が義務付けられています。余ほどのセールスボリュームが有れば別ですが、この契約形態は我が国に於いては多くありません。 三番目は仕事毎に代理店契約を結び、仕事が終われば解消するケースが有ります。例えば海外の新興国向けに突発の輸出のビジネスが必要な場合、この国に最も強い商社にお願いして契約締結まで面倒を見て貰い、仕事が完了すれば契約を解除すると言う事です。この事例も我が国に於いてはメジャーでは有りません。いずれにしても、代理店の最大の評価ポイントは、ある会社が持っていない、強いコネクションを顧客に対して持って居り、しかも数値に裏付けされた取引実績が有る事です。これを頼りに多くの会社がお願いに来るのです。従って有る会社に個人として影響力が有るならば、個人が会社を設立して、その会社向けのビジネスを一手に引き受ける事も可能な話です。最後に依頼する会社との販売手数料は会社毎に違ってきます。その能力を評価されれば手数料も上乗せされていきます。

代理店になるためには?

image

代理店になるためには、商品を代理で販売してほしいという起業を契約を結ぶ必要があります。企業としては商品が広まってほしいと望んでいますが、商品開発に力を注ぎたいものです。ですから、商品を販売するという人物が必要になります。 そのような企業とコンタクトを取って、契約をすることで商品を卸してもらう事ができるので、それを販売することが出来ます。 代理店は企業にどのくらいの金額を支払うのかということは双方の話し合いによって決まります。しかし、全体を見渡して相場というものがありますから、それにそって決めていく必要があります。 代理で販売をする商品は数多くあります。そうなので、何を販売するのかは代理店を経営する人が決めればよいのです。人気なのはスマートフォンや旅行プランです。スマートフォンは多くの人が求めてやまない商品です。それを代理で販売するのですから大きな利益が見込めるのです。 世の中にはものを売る商売が沢山ありますが、それらのすべての商品を自分で開発している店は殆ど無いと言えます。商品開発は簡単なことではなく、それが出来るひとは非常に少ないのです。しかし、一度開発された商品は世の中に広まるべきですし、そうすることで日本は豊かになっていくのです。営業をするということを代行する企業やホームページの製作代行を行っている個人が居るように、販売業務も代行する人が多く居て、それによって商品が世の中に認知されていくのです。